サイン(手話)+フェイスサイン+ボイスサイン=ファーストサイン

ファーストサインとは、生後間もなくからの皮膚刺激によるコミュニケーション(ベビーマッサージ)の次の段階で行う、おしゃべり前の赤ちゃんとママが、

手の動き表情声色

を使った親子のコミュニケーション方法です。

 

現代人に一番求められること・・・
それは人と人とのコミュニケーション力。ファーストサインでは現代人が失いかけた、生きるために大切な「力」を乳幼児期から養うことで心豊かな人間を育みます。

 

ファーストサインの目的と効果

+赤ちゃん+

「自分の思い通りにならない、自分の気持ちが伝わらない」

           。。。伝えたいのに伝わらないストレス

 

+ママ+

「どうして欲しいの?何で泣いてるの?」

。。。分かってあげたいけど分からないストレス

↓↓↓↓↓↓

 

ファーストサインで解消できます♪♪

 

そんな赤ちゃんやママの気持ちを

ジェスチャー声のトー顔の表情コミュニケーションと取っていく方法です

 

 

*こんな効果が期待できます*

 

 

親子の意思疎通がスムーズになります

泣いて要求を訴えていただけの赤ちゃんが、ファーストサインを使って自分の気持ちを伝えてくれるようになると、ママも赤ちゃんの気持ちが分かるようになり意思疎通がスムーズになる。赤ちゃんの要求に応えてあげられるようになる。

 

赤ちゃんとの絆を深めます

赤ちゃんとさらにコミュニケーションを取ろうとして積極的に関わろうとして話しかける機会、回数が増える。「赤ちゃんがサインが出せた!気持ちが通じた!」とういう喜びを赤ちゃんと一緒に感じることができる。

 

ちゃんのコミュニケーション能力がUPします

赤ちゃんはママのサインをよく見るようになり、声を聞くようになることで、聞くチカラを伸ばすことができる。集中力、注意力が自然と身につき、人と関わることが好きになる。

 

赤ちゃんの脳の発達を促す

手や指を使ったサインや、身体遊び、手遊び歌、絵本を使った視覚や聴覚を刺激することで脳を活性化させる。

 

言葉の習得がスムーズで話し言葉の発達を促します

ファーストサインは視覚言語から始まり、サインを使うことで言葉の概念、意味を理解していく。赤ちゃんは何の知識も無いまま急に喋れるようになるのではなく、喋れない時から言葉(の意味)を蓄積している。そしてスムーズに「話し言葉」へと移行していく。

 

赤ちゃんの安全確保に役立ちます

サインには「熱い」や「やめてStop」など、危険を知らせるものがある。このサインを使うことで赤ちゃんを事前に危険から回避させてあげられる。

 

 

 

ファーストサインを実践することで、ママはより赤ちゃんを見るようになり、

積極的に関わろうとし、話しかける機会、回数が増えます

 

赤ちゃんはママが大好きだからこそお話したいという気持ちになり、ママが伝えている

ファーストサインの意味を理解しようとします

 

親子のコミュニケーションが増え、お互いの気持ちが理解できるようになり、

話すことにつながっていくのです

 

 

+赤ちゃん+

「ママに気持ちが伝わった、もっと伝えたい!」

 

+ママ+

「赤ちゃんの気持ちが伝わった!我が子の成長を実感!育児に自信がつく」

 

 親子の強い絆を作ります!!

 

RTA指定スクールcocohouse

大分市敷戸南町7−8

097-511-3399

(スクール直通電話)

RTA認定ゴールドライセンス

ロイヤルセラピスト協会認定

ベビーマッサージセラピスト

ファーストサインセラピスト

ベビグラファー

 

 田原みゆき 

cocohouse(ここはうす)ブログ
◎日々のお教室などの様子はコチラから

Instagram follow me♪

Facebookページ♪

特定非営利活動法人

ロイヤルセラピスト協会

本部サイト

ベビーマッサージとベビグラファーでおうちスタジオオープン!

RTA指定スクール総合サイト

ロイヤルセラピストウェブ